男女

時間や距離を共有

手を繋ぐ人

気持ちが見えないから汲む

結婚まで行き着くカップルも少なくはないものの、遠距離恋愛には失敗と成功を分かつ内容に、互いへの意識が挙げられます。相手をコントロールすることは失敗に繋がりますが、相手を思い、自分を磨くことは成功に繋がります。遠距離恋愛に限ってではないものの、最終的に結婚がカップルにとっては目標です。お互い、近くにいないことが当たり前とならず、もったいない気持ちにさせるためのコツは自分磨きにあります。誰かに取られるかもしれない・近くにいて欲しいなど、意識的に気持ちを揺さぶることがコツです。女磨きには、家庭的に魅せられる料理をはじめ、彼とデートする時にキレイに魅せる身だしなみに気を配ることもポイントです。また、男性を引き立てるための社会人としてのマナーも習い事として始めてみるのも、高印象を与えるコツです。男性は、自分の気持ちの継続で長い付き合いが続くなどの心理が働き、相手の気持ちを汲み取るケースは意外と少なく、失敗例の1つです。結婚願望も男性より女性側に多いため、男性は女性心理を掴むスキル磨きが大切です。モテる男性の多くは、女性心理を理解している恋愛論も報告されています。また、遠距離恋愛ではお互い、頻繁に連絡を取り合うことがコツと言われています。ピロートークは特に意識したく、1日の近況報告にも役立つ時間帯です。遠距離恋愛ではアイテムも上手く活用できます。例えば、お互いの心拍を感じられるリストバンドやアプリケーションは、眠りながら親密な時間の共有が図れます。リアルタイムで互いに安心感や心地良さを共有でき、気持ち的にも擬似的に隣で眠るなど、離れている気持ちに配慮できる恋愛アイテムで成功した例もあります。