男女

結婚まで進むために

夫婦

自分たちのペースを貫く

年の差のあるカップルが社内恋愛をしていると、周囲から「いつ結婚するのか」とつつかれることが多くなります。自分たちのペースで進められないと結局は付き合っていくのが辛くなって別れてしまうことになりますので、自分たちのペースを貫くべきです。周囲に惑わされているうちに、自分たちがどのように付き合っていきたいのか、いつ頃のの結婚を予定しているのか等の計画も曖昧になってしまいますので、雑音の入りやすい社内恋愛はとても大変です。年の差のある社内恋愛の場合、年齢が上の方がリードしていくのが望ましい形です。雑音が入った場合でも自分たちの意思を確認する機会をきちんと設ければ良い付き合い方ができます。年の差があると、一方が適齢期を過ぎていることも多いので結婚を急かされますが、どのタイミングで行うかは本人たち次第ですので周囲の声は気にする必要はありません。同じ仕事についている場合、社内恋愛を長く続けていくと仕事とプライベートのオンオフがきちんとできなくなることも上手くいかなくなる理由の一つです。年の差があると上司と部下の関係になることも多いのですが、その上下関係がプライベートの場まで持ち出されると気持ちが萎えてしまいます。年上の方がリードしようという気持ちは分かりますが、プライベートでは対等に接するべきであり、お互いの意見を上手く取り入れて付き合っていく必要があります。それを心がけることで結婚という形が見えてきます。